碧翆園(へきすいえん)
碧翆園 生活を豊かに健やかにかえるもの「宇治茶」
碧翆園では数々の製品を通して、生活のシ−ンを彩っていきたいと考えています
■ ご挨拶 | ■ 会社概要 | ■ お茶の製造 | ■ お茶の卸し | ■ お茶の成分 | ■ お茶紀行(売店) | ■ トップページ

 ■ 芽茶(沈粉)
選別過程で粒状になった新芽で作り、茎茶・粉茶ともに出物と総称されます。

▼美味しい入れ方
芽茶は葉が硬く開き難いので、1煎目は煎茶と同じくらいの侵出時間にします。2煎目は濃くなりがちなので、侵出時間を短くします。粉茶は濃くでるので、分量を控えめにします。両方とも沸騰したお湯を使いますが、葉が入らないように茶こしを使って茶碗に注いで下さい。

Copyright (c) 2005 by 株式会社 碧翆園  All Right Reserved.
本社/ 〒610-0113 京都府城陽市中 中ノ郷51
TEL(0774)52-1414(代表)  FAX(0774)54-3912